木工、自動車、工作の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の重整備……

<<   作成日時 : 2010/08/13 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

夏真っ盛り……

直射日光を浴びて、もう溶けそうになるのだが溶けるわけでもなく。

気温が高すぎると何をするにつけてもやる気が減退してくるのである。

それなのに、車の調子が気になり出すのが真夏なのだから手に負えない。



というわけで、久々にジャッキアップしてみた話。

***************

まずはオイル交換。

近くにサーキットでもあればなあと思いつつ、今回も廃油ボックスに受けて燃えるゴミで処分した。

次回オイル交換は144,500km、要エレメント交換。

なかなか重い腰が上がらず、初日は交換作業だけで終了となった。



やる気が上がらない原因がもう一つあり、午後2:00〜5:00ごろのちょうど作業が終盤を迎える頃に、決まって夕立が降るのである。

すっかり日本は亜熱帯性気候になってしまったようだ。

***************

日を改めて、最近気になっていたポイントを調査してみることにした。

まずは、ホイールアライメントである。

車を運転していると、なんとなく左に流れているのだ。

前回サブフレームマウントを交換したとき、タワーボルトの取り付けに難儀した。

それこそ、あっちを引っ張ったりこっちをたたき込んだり、バールで広げたり、上げたり下げたり……、自宅の装備でできそうなことを総動員したのだが、そのときサブフレームとボディの位置関係が大きくずれたのか……。

試しにホイールベースを(大まかに)計ってみた。


画像



ホイールベースの適正値は2040mm、フロントホイールのトー角はトーアウト1.58mmなのだが、調べてみると左のホイールベースが5o足りなかった。

フロントサブフレームの取り付けパネルを思い出すと、左側が押し込まれたように凹んでいた。5oくらいなら十分考えられる。

とにかくまずは足回りの調整である。

***************

初めにステアリングラックのセンターを出す。


画像



ステアリングラックを取り付けているU字ボルトのナットを4箇所ゆるめ、助手席足元のグロメットを外し、適当なサイズの棒を差し込む。画像のように大きな穴のセンターに位置するようにハンドルを切って位置決めしたあと、ナットをきっちり締める。


次にタイロッドエンドのねじ山の数を左右同じように締め直す。今回は、左が12山、右が10山と、左右異なるセッティングになっていた。

タイロッドエンドを交換したときなので、ずいぶん前の話だ。

メジャーで測ってみると5oトーインだったので、左のタイロッドエンドを締める(つま先が広がる方向になる)ことにした。

うまくいきますように。


***************


続いてはフロントハブのグリスチェックである。

最近、車速に合わせて周波数が変わる異音がしていたのだ。オイルシールを準備して、分解してみると……。


画像



右側は、インナーシールとインナーベアリングがCVジョイントに残るように外れた。オイルシールは劣化してカチカチである。

左側は……


画像



ベアリングのグリスを洗うつもりで、パーツクリーナーを吹きつけたところ、キラキラ光るメッキの粉。
テーパーローラーベアリングの表面が痛んでいたようである。
以前交換した取り置きの中古品と交換して様子を見る。たぶん大丈夫だ。


しかし、あまり大丈夫でない部分もあり……


画像



ホイールのセンターナットで締め付けるテーパーワッシャにヒビがたくさん入っていたのだ。

近々交換しなければなるまい。


画像



作業終了。近所を試走したレベルでは、アライメントに不具合は見られない。

それにしても、暑かった……。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
残暑お見舞い申し上げます!
って、暑いのにやってますな〜
こちらも先日定期よりかなり早めの
オイル交換(処理法は周知の通りデスネ(笑))
そして、ウチのもやや左曲がり…。
相変わらず勉強になります!
それにしてもホイルベースが5mm違うって
そんなにサラッとすり抜けて行っても
いいとこなんでしょうか?(爆)
ウチも参考までに計ってみようっ!
で、その後のMEはどうでしょう?
ちんたん♪
2010/08/13 11:44
ご無沙汰していました、ちんたん♪さん。
残暑お見舞い申し上げます。
ホイールベースの5ミリの差は大きいと思います。車体がじわーっと左に流れるのはこれが原因です。きっと。
MEは、うまくいっているのだかいないのだか。足元の補強鉄板の威力で床面が安定しているとは思います。
MEについては、フロントウィンドウ周辺に怪しいところがありますので、そこを何とかしたいのですが、時間がなさそうです。
mini35
2010/08/13 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の重整備…… 木工、自動車、工作の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる