木工、自動車、工作の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 床のひび割れを何とかしてみた

<<   作成日時 : 2009/03/29 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

床の凹みは昨日やっつけてしまったのだが、そうなると俄然ひび割れが気になってきた。

昨日、補修後にちょっと車を転がしてみたのだが、ちょっとした坂道やブレーキングなど、前後方向への負荷が大きいときには、もうものすごく「ばきばき」鳴るのだ。

これではいつ何時どうなるか。



数ヶ月間、補修方法をいろいろ検討してきたのだが、まずは投資額が小さい方法から試してみた。

画像


昨日もはがしたフロアパネル。べりっとめくるとさび色である。
ここに錆チェンジャーを塗り込む。

乾燥する間、サブフレームマウントを交換する。

画像


フロントの後ろ側。左が先日英国からとどいた品物である。ちょっと肉厚(というより古い方がいい加減賞味期限切れである)。

画像


こちらは、フロントの前側。助手席側は見事に剥離していた。


交換するのだが、その前に。


ひび割れの補修には、ハンダを使ってみた。


……が、ちょっと考えれば分かるのだが、ハンダは垂直面にはとどまらない。

室内側から溶かせるだけ溶かしてクラックに行き渡らせ(どの程度入ったかは不明)、外側からもできるだけハンダを盛ってみたが……。こればかりはやはり溶接なのだろう。
バーナーであぶって蝋付けを考えたが、やはり同じこと。垂直面には施工しにくい。


……ということで、クラック対策は本格修理を待たねばならない。




さて、次に、ステンレス板(2mm、1mm各2枚)を加工して補強プレートを作った。


画像



助手席側。幅がやや狭いのは、燃料配管にぶつかったから。



画像


運転席側。


うーん、ブロスさんとこの補強プレートにそっくり(爆)


手に入る材料で作ってみたのだが、強度はどうなんだろうか。
一応、室内2mm厚、外1mm厚で作ってみた。


ちなみに、交換しようとしていたサブフレームマウント(後ろ側)、使用済みのへたったマウントと明らかに厚みが異なるため、どんなにがんばっても装着できなかった(泣)


外側から……

画像


画像


さすがはステンレス。鏡のように地面を反射している。


こんなに頑張ったのに、ステディロッドブッシュの交換を忘れる始末……。


作業後は、近所をソローっとひとまわり。
その程度でもバキバキ言っていたのだが、音は確実に止まっていた。
まずはプレートが功を奏したらしい。

またバキバキ言うようなら、次こそは、ようせつおいちゃんだ〜。




そんなこんなで3月も去る。慌ただしい4月がオソロシイ……。



**********

さて、3/30(月)、通勤のため往復計30q弱を走ってみた。

結果、フロアパネルからの異音は見事に止まったのである。

ヤッター \(^◇^)/

何が良かったのか。

やはり、ハンダで隙間を埋めたことで、亀裂の遊びが無くなったのだろう。
また、補強プレートのおかげでパネルが自由に動かなくなったことが大きい。

しかし、この状態がずっと続くとはいえない。

徹底的にやるなら、やはり溶接、という思いは捨てられないのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
床の補修……になったのか?
床パネルのクラックをとりあえず補修したのが昨年3月の末。 ...続きを見る
木工、自動車、工作の日々
2010/05/03 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ、前記事にコメントする前にもう処置しちゃったんですね(=^_^;=)。
ようせつおいちゃんにハンダさんと来れば、あとはしょうやんしかいない?
ちなみにうちの白ミニ、最近あちこちでポコポコ言います。ショックがへたってんだろうなぁ…って思いながらも手つかずです(T.T)。
たけさ
2009/03/30 01:24
たけささんに対するかぐや姫的なコメントが考えられず……。それでも何とかしようやん!
<閑話休題>
ぽこぽこ言ってるんですか。ショックのへたりで思いつく音はギシギシですねぇ。
ボディの劣化かな?
サブフレーム以外は、モノコック構造とはいえ結構ヤワヤワだなぁと最近つくづく思っています。
mini35
2009/03/30 07:17
溶接ですね、もう、やりましょう!
サブフレームの菱形マウントってこれですね
なるほど〜、ヤ〜〜〜ッパリ入らないんですね
当然ジャッキアップ(そしてウマ?)の後に
サブフレームにジャッキを掛けてという独特の
テクニック(何故か必要)を使っても入らなかった
と言うことですね・・・。
モノコック、ボディーシェル、弱いですね。
10年持たせる車のの作りじゃない???
ちんたん♪
2009/04/01 22:35
ボディ側に当て板プラスウマ、サブフレーム側にジャッキです。前の方や後ろの方、いろいろジャッキを当てて上下させてみましたが、収まりませんでした。まだ工夫が足りないかもしれません。だって、これでは通常の状態でも、へたったサブフレームマウントが交換できませんから。
パネルは弱いですね。今回触っている箇所は非常に重要な部分だということがよく分かりました。やっぱりようせつおいちゃんですね!
mini35
2009/04/02 07:06
どこかまだ外すところが有るのでしょうか?
ゴム類(ブッシュ等)類の話をいつだか
1275GTさんに聞かされて自分も作業を考えましたが
これはなかなかの重作業だなと・・・(逃)
ブロスさんはピンポイントでスグレモノを
作りますし、ポリシーが感じられて好きです。
で・・・コピー品ですか?(爆)
溶接するにも、様々なパーツが付いたままでは
どうなんですかね?
それでこの様なボルトオンパーツがあるのかな?
ちんたん♪
2009/04/02 18:44
ブロスさんのところには質問メールを出して、クラックがどうなるのか聞いてみました。
クラックが入ったままだとプレートを付けても結局割れが進んでしまうので、溶接をした上で取り付けてくださいとのことでした。
溶接は、サブフレームマウントを外せばスペースは確保できると思いました。あとは技術。
溶接時、バッテリー端子は外すんでしょうかね。電装品に過電流が流れ込まないんでしょうか。そのあたりが現在わからないことです。
まあ、徐々に解決したいです。
mini35
2009/04/02 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
床のひび割れを何とかしてみた 木工、自動車、工作の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる