木工、自動車、工作の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 外堀を埋めてゆく……

<<   作成日時 : 2009/03/05 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

駐輪場はきつかった……。



さて、我がMiniの調子はけっこう良い状態である。

イグニッションスイッチに届く電源ケーブルを引き直したことで、始動性がぐっと向上した。
お向かいの奥様にも違いが分かるほどで……(これまでは、けっこうしつこくクランキングしていたのだ)。
ハブベアリングからの異音もなくなり、室内が、これまでよりちょっとだけだが、静かになった。
駐車場の油シミも止まった。

こう書くとなんだかいいことずくめだが、いつも頭をよぎる不吉な影がある。


ひとつはデフギアの状態が悪いこと。先日のオイルシール交換時に、シャフトがぐらぐらしていたのだ。
ベアリングがちゃんとしていればこんなことにはならない。
これではまたオイル漏れが始まってしまうし、いつ止まってもおかしくない。

もう一つは運転席/助手席の足元のパネルが非常にあやしいこと。
エンジン側から下に潜ってのぞいてみると、サブフレームの付け根あたりにクラックが入っている。

両方とも、すぐに大変なことになるわけではないが、いつ大変なことになるのかも分かるはずがない。
つまり、出来る限り早急に対処しなければならないのである。


……前置きはこれくらいにして、部品調達を始めた、という話なのであった。


画像


地球の真裏、世界標準時の国からやって来た小箱。
そっと開けてみると……。

画像


画像


「いったい誰がつけるの?」と言いたくなるような、外側からはお目にかかれない部品が入っていた。
画像に見えるベアリング、日本だと1個10000円ほどかかるのだが、かなりお安く入手できた。


これらとは別に、ボディ関係も補修しなければならない。
となると、溶接は無理だがそれに代わる補強方法を検討する必要がある。

ひとつ目星を付けているものがあるのだが……ちょっと高価なのがネックである。


ちなみに、エンジンを降ろすとなると数日間は雨をよける必要があるわけで、今度は簡易カーポートの構想を練る日々が続くのであった。
いっそ単管&ブルーシートで!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わお!ROYAL MAIL!
ついに海外通販ですね〜♪
やるなあ〜mini35さん。
場合によってはこっちで作ってるものが
こっちより安く入手出来るなんて事も
有るのでしょうかね〜(笑)
さて、木工の技が駆使されるのか
仮設ブルーシートで我慢なのか?

一番心配なのはフロアパネルです。
僕的に・・・。
ちんたん♪
2009/03/06 23:55
税金がどのくらい加算されるのかビクビクしていましたが、「アレ?」って感じでした、ちんたん♪さん。
ROYAL MAILから日本郵便へ、そのまま玄関まで届きました。追加の支払もなく、です。
ポンド安だったのでよかったですよ。
カーポートを作りたいのですが、5b四方を有効活用するため両側に柱を立てるとなると横幅5bを一発で渡す規格の木がありません。2台の真ん中に柱を置きたくないんです。トラス構造となると屋根が必要以上に重くなります。鉄骨は刻みが大変、騒音被害が尋常ではありません。設計のやり甲斐がありますが、現実路線では仮設カーポートに軍配が上がりそうです。
mini35
2009/03/07 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
外堀を埋めてゆく…… 木工、自動車、工作の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる