木工、自動車、工作の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 配線を引き直した

<<   作成日時 : 2009/01/12 16:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

※1月14日追記あり※

イグニッションにいたる配線の接続部分(カプラー)が接触不良を起こしていた話の続き。

まずはヘインズで配線図を確認する。

画像


図の中にある部品16がイグニッションスイッチで、そこから伸びる「BR」すなわちブラウンのコードが接触不良なのであった。図ではそのまま部品17(スターターモーター)に伸びており、バッテリープラスにたどり着く。
前回の、ミニ友ちんたん♪さんのコメントに、配線を1本だけ引き直すという対処法があり、それを実践してみた。
ヒューズボックスから取ればいいかもと思っていたが、配線図を確認して大本から引くことにした。

注文したのは3.0Sq(34A相当)のコードを2m。送料込みで1050円は妥当な線か。なにしろ地元で自動車用の電材を豊富に扱う小売店を知らないのだ。

バッテリーのマイナス端子を外して準備完了。

まずはスターターモーターの電極から。

画像


メインハーネス沿いにタイラップで固定し、センターメータ下の(つまり正規の)入り口から車内へ。

画像


こんなとこ手が入らないだろうというような隙間に気合いで手を差し込み、なんとか本来のルートでスイッチまで持ってきた。
古いケーブルは末端を始末してスパークが飛ばないようにするべし。

画像


平端子を使ってカシめ、スイッチに取り付ける。

画像


画像


このセンターキーのパネルは、かなり無理矢理狭いところにボルトを通して、裏側やや奥まったところでナット締めするようになっている。英国人のみなさんって、手が小さいのかしら。今回、奇跡的になんとか左右両方留めることができた。もう、しばらくは外したくないものである。

しかし、こんな作業、どうやってテストすればいいんだろうか。間違っていればバッテリーをつないだりスイッチを入れたとたんに煙が上がっておしまい。単純な処置でも、バッテリーをつなぐ前にしつこく確認したい。まあ、今回はプラスから1本引っ張りスイッチにつけるだけだったが。

というわけで、きな臭い煙が立ちこめることもなく無事にエンジンスタートできるようになった。

**1月14日追記**

配線つながりで、ちんたん♪さんから宿題。

「ライトスイッチの保護用リレーをどうつなげるか」

まずは参考資料の引用から。
Mf誌No.71(2003)より

画像


約6年前の私は、この記事を見て作業を思い立ったのであった。
つなぐ場所はスイッチとライトの間というアバウトなとらえ方である。

次に施工例。

画像

(エーモン工業 オフィシャルWebサイトより引用  http://www.amon.co.jp/diy/diy_guest/Ehowto_foglamp.php

スイッチ部分がごちゃっとしているが、結局アバウトなとらえ方で良さそうである。バッテリー電源を、スイッチを介さずにライトに流してやれば良いようだ。

画像


実車では、ハイビーム、ロービームそれぞれにリレーを付けたが、左右一組と考える。ハイビーム用に1個、ロービーム用に1個である。
左右のランプから伸びたハイビーム(青/白)とロービーム(青/赤)が中央あたりで合流して、太いハーネスとなってメーター裏まで伸びている。この合流地点以後の線を切り、ライトから伸びる線にリレーの黄色、スイッチに伸びる線にリレーの青、スターターモーターのB端子から新規に線を延ばしてリレーの赤、アースポイントから線を延ばしてリレーの黒とつなげる。
ランプとスイッチの間ならどこでも良いので、B端子からの距離を考えなければステアリングコラム周辺でも問題はない(ブロスガレージの商品には、コラムに取り付ける専用リレーが売られている)。

次に、ヘインズの配線図ではこんな感じ。

画像


左上から、2番がライトスイッチ、3番がビーム切り替えスイッチ、77番がロービーム減光リレー、下のランプの記号、5がハイビーム、4がロービームとなる。
2番からまっすぐ上に伸びるとスターターモーターのB端子につながる。
問題は、この図では、ハイビームからのB/W、つまり青/白のケーブルが2系統に伸びていることだ。
この場合、ビーム切り替えスイッチに伸びる線が該当のものということになるが、実際の作業では、フロントパネル周辺では青/白は1系統しかなかった(ような気がする)。
ビーム切り替えスイッチといえば、ステアリングコラムに伸びているレバーなので、やはりコラム周辺で作業をした方が間違いがないかもしれない。


理屈では分かっていても、実車の配線にニッパを入れる瞬間の「後戻りできないぞ〜」という緊張感が、ついためらわせるのだ。

施工後は、ライトの明るさがより強く感じられた。

蛇足的追伸。
興味のある方はあくまでも自己責任で慎重に。また作業に伴い種々の危険や事故による怪我の発生等もあり得るので、危険性を熟知した上で対処していただきたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やりましたね!
作業写真を何度も見ました。
自分の今後にも役立つ資料になりそうです。
解かっているようで全然理解して無い電気の話・・・
配線の選択等さすがmini35さん、参考になります。
そうそうエーモンのリレーを発見しました。
どう配線するのか混乱中・・・
左?右?ロー?ハイ?リレーは何個いるんだ?…と。
配線例を伝授して下さらぬか? (#^_^#)
ちんたん♪
2009/01/13 21:06
ちんたん♪さん、「やって正解」まさにビンゴ! な作業でした。
メーターの、赤いイグニッションランプ、今までアンペア不足の時にちらちら明滅していたんですが、今日走ったところでは、ブレーキをふんでもまったく影響なし。つまりこれまでちょっとした抵抗になっていたということ。発熱も結構あったんでしょうね。
リレーの処置をしたのがかれこれ7年前? リレーの個数は2個で、Mf誌を参考にしました。
かなりうろ覚えなので、よく思い出してから再度コメントします。
mini35
2009/01/13 23:06
う〜ん、すごい。…でも全然分からない(^^ゞ。
電気関係は、さすがにいじれない…。ちなみにうちのカーステレオが壊れかかってるんですけど、同じ理由で自分じゃ取り替えられない(T.T)。
mini35さん、関東方面の出張はありませんか(笑)?
たけさ
2009/01/14 09:39
カーステレオですね、たけささん。
電源とアース、スピーカーの端子、アンテナ線をどうにかしてください。あいにく出張はありませ〜ん(^^)。
mini35
2009/01/14 21:57
早速拝見しましたよmini35さん!
ありがとうございます♪
兄弟さんから良い物出てるんですね
ABでは「ヘッドライト用リレーハーネス」
を探してましたが・・・
先輩諸氏のコメント通り「リレー単体」はエーモンの
棚に見つけることが出来ました。
問題は配線です。
ようやく謎が解けました、追記に感謝致します。
コストもありますが不安箇所を残したくなければ
兄弟さんの商品はASSYですからとてもGOOD!
以前お世話になった事もあるので。。。
検討してみますね♪
ちんたん♪
2009/01/15 10:46
お役に立てましたか、ちんたん♪さん。
かなり古い記憶だったのですが、そういえばと古いMf誌を引っ張り出しました。ミニの電気特集を探すと同じ図が何回も出ていましたね。
ブロスガレージのやつは良さそうですね。スイッチも減光リレーも保護するそうです。ご検討ください。
mini35
2009/01/15 19:15
おう!かっちょい〜〜〜〜!
TOPページいじりましたね
自分もやりたいんだけど、管理しているHPも
更新して無いのに、そんな事してたら・・・
んでも、いいムードかもし出してます!
僕のところは変えない理由として
minicoさんがあの頃にバナーをあのイメージ
あの色で作ってくれたのが嬉しかったので
その時の小さな友情を大事にとっておきたいのも
あるのですね〜

でも、このレイアウトかっちょいーですよ〜

ちんたん♪
2009/01/16 22:14
かっこいいでしょ、ちんたん♪さん。
自分がいつも目にするイメージって車内なので、三連メーターです。
上級者用ナントカって、さっぱり分からずじまいです。
minicoさん、どうしてるかなぁ?
mini35
2009/01/17 09:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
配線を引き直した 木工、自動車、工作の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる