木工、自動車、工作の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の夏 水温計の夏

<<   作成日時 : 2006/08/15 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先月末、渋滞にはまって、この車で「初めて」水温計が急上昇した。
よくよく思い出してみると、白ミニの電動補助ファンの音を、未だかつて聴いたことがなかった。
購入後5年も経つのに、である。思いたってラジエターを見てみると……
画像

異常なし。ちょっと色が薄い気がする。これは次回LLC交換であろう。近いうちに交換したい。
思いたって電動補助ファンを手動で切り替えできるように、リレーとスイッチを増設してみた。
ボンネットを開けて右側奥に2つ並んだ黄色いリレー。どちらがファンのリレーかはわからないため、配線の色で識別する。ライトグリーンオレンジ ライトグリーン/ホワイト ブラック/グリーン パープル が伸びているほうのリレーが電動ファン用である。リレーの不良も考えられるため、このリレーをバイパスするように、ブラック/グリーン パープルのコードを、新たに準備したリレーに取り付ける。手元のスイッチを入れると本来のリレーを飛ばして配線を直結し、ファンが回るという仕組み。こうすると、本来のセンサー/リレーを損なわずに手動も効くようになる。
画像

画像の黒いリレー左端が新規のリレー(エーモン製)。容量が分からなかったので、とりあえず15A用を使用した。使っていて不具合があったら、もう少し容量の大きいものに変更すればよい。このあたりがなんともいい加減……。
リレーには4本コードが出ている。これらのうち、スイッチに接続するのは赤と黒。一本をヒューズボックス(アクセサリ電源)から取り出し、もう一本をアースポイントから取り出す。黒をアースに、赤を、トルグスイッチを介してアクセサリ電源とつなげば完成である。青と黄は、旧リレーをまたぐようにつなげればどちらでもかまわない。
画像

接続を終えたスイッチを、ドリンクホルダー横にネジ止め。いい感じである。
すべての作業を終えてからバッテリーをつなぎ治して、緊張の試運転となる。ここで煙もくもくとなれば、すべてがパー。結果は……
うまくいった。

おまけ画像。サビは無視をして。
画像

Mk1ボンネットは、ボンネットキャッチだけで留めるとボンネットがガタガタ上下に動いてしまうことがある。グリルとのクリアランスを調整した後、画像のようにゴムやシリコンの緩衝材を両面テープ等で貼り付けておくと、ガタツキがなくなって頗る調子が良い。専用のゴムも売られているが、私はHCで小さいシリコンを購入。ボンネット交換の向きに、ご参考までに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
夏場はかなり頻繁にファンが回りますよ。
自分は昨年気付きました、回って無い事に。
カプラーの接触不良(てゆうか外れてた)
それからは問題無しですね。
タイトル最高!(^。^)
ちんたん♪
2006/08/15 23:27
ちんたん♪さん、工作活動は進んでますか?
かつて、妻のATのときには、結構頻繁にファンが回っていたので音は知っていたのですが、よくよく考えるとそのころ(購入以来!?)から自分のミニはファンが回っていなかったような気がします。それでも、水温計は三分の一くらいで止まっていたので、こんなもんだろうと思っていたのでした。
接触不良説。よく聞く話ですね。今回もまずラインヒューズを含んだ接触不良を疑いました。
タイトル別案。「日本の夏 緊張の夏」
mini35
2006/08/15 23:34
恥ずかしながら、未だにラジエーターキャップを外した事がなく・・・と言うのも補助タンクが付いているので、そこから水をドバドバと注入しております。

うちのにも手動スイッチが付いていますが、そういう仕組みだったのですね。関心です。
にし
2006/08/16 00:04
ええ〜っ? 開けたことないんですか……
ラジエターキャップから入れるのは、健康診断で「はい、口を大きく開けて……あーん」というのと同じで、冷却系の状態を調べるためには重要ですぞ! 水をどばどば入れすぎるとLLCの濃度が落ちる一方なので、錆に注意しましょう。
にしさんのPaul号のDNA、無事移植されたようで良かったですね。
mini35
2006/08/16 08:36
mini35さん、グッジョブ!!是非やってみたいですが、1000には電動ファンがないので、真似できません。
水温は、最近は若干上下しますが、大渋滞に巻き込まれなかったので、それほど緊張もせず…。リザーバタンクがないので、私はよく開けますが、タンク欲しいですよ〜。
minico
2006/08/16 08:53
minicoさん、グッジョブ返し、ありがとうございます(^^)
1000に電ファンつける人もたくさんいらっしゃると聞きます。ま、北海道のミニにとって、さほど優先順位が高いものでもないでしょうけど……。
それよりも、タンク増設ですよね。渋い路線ですが、基本性能向上のために、欠かせないところでしょう。さすが目の付け所が違います(^^)。
mini35
2006/08/16 11:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の夏 水温計の夏 木工、自動車、工作の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる